bullet☆lady

小学3年生♀と小学1年生♂の子育て中ママライターのブログ。育児や美容など更新中。

子供の単純性股関節炎。体調が良くなった後?悪くなる前兆?

こんばんわ。keiko*です。

 

2016年10月、あーちゃんが単純性股関節炎になってしまった話を
軽く書きました。

 

bulletgirl.hatenablog.com

 

それ以降、意外にもこの記事に検索から立ち寄ってくれる方が多いようなので
少し詳しく書こうと思います。

それと、さらに、あーちゃん、2回目の単純性股関節炎になったことについても触れています。

参考にしてみてくださいね。

そもそも単純性股関節炎って何?


簡単に言うと、一過性の股関節炎。

10歳以下の子供によくみられる症状で、
小児科の先生にもよく知られているようです。
(うちのかかりつけの小児科の先生もご存知でした)

 

股関節の骨や筋肉に異常があるわけではありません。

股関節に水がたまっていしまい、痛みを伴います。

研究でも、いまだ原因は特定されていません。

 

発症期間は、1日~10日間程度とされています。

うちの場合は、半日~1日程度で回復してました。

整形外科の先生も、ほとんどの子が

翌日には痛みはなくなってると言っていました。

 単純性股関節炎の症状は?

 

炎症部分は股関節なのですが、
その症状はさまざま。

 

・股関節を動かすと痛がる

・太ももが痛いと訴える

・膝が曲がらなくなる

・歩行困難になる

 

うちの場合は、1回目の時は、

膝を曲げると泣くほどいたかったらしく、

歩くのも難しい状態でした。

 

2回目になったときは、

朝起きた時に、太ももに違和感があり、

立ち上がりにくい、歩きにくいと訴えてきました。

 

親としては、こけたり、ぶつけたりしたわけでもないのに

「歩けない」「膝が曲がらない」なんて言うと

本当にびっくりしますよね。

 

私も単純性股関節炎というもの自体

なったことも、聞いたこともなかったから

凄く驚いたし、慌てました…

 

本当に何の前触れもなく

急に症状が出るので、びっくりしますが

慌てず、整形外科を受診しましょうね。

 

どんなタイミングでなるの?

 

単純性股関節炎の原因は、まだ解明されていません。

 

だから、いつ、どのタイミングで

単純性股関節炎を発症するかを予想するのは難しいところです。

 

しかし、何らかのウイルスが関係しているのではないか?

という考えがあります。

 

というのも、単純性股関節を発症した子のうち

3割程度が、何らかのウイルスや細菌感染の後に

発症していることが分かっているからです。

 

現に、うちの子の場合もそうでした。

あーちゃんの1回目の単純性股関節炎=マイコプラズマ肺炎

はじめて発症したのは、

マイコプラズマ肺炎にかかった後、

学校に行き始めてからでした。

⇒過去記事

 

つまり、発症した3割の何らかのウイルスなどにかかった子

にあたります。

 

症状はひどく、立てない、歩けない、膝が曲がらないという状態。

でも、股関節自体を痛がることはありませんでした。

 

だから、整形外科に連れて行ったものの

股関節に問題があるとは予想もしてませんでした。

 

結局、その日一日は痛みがあったものの

翌日には復活。

(湿布は一日張ってました)

翌日に、再度整形外科で診察を受けて、おしまい。

 

あーちゃんの2回目の単純性股関節炎=インフルエンザ発症直前

 

2017年3月に、あーちゃんインフルエンザにかかりました。

わたしもついでにかかりましたが。

 

で、実は、インフルエンザを発症する3日前の朝に

ももの違和感、立ち上がりにくい、歩きにくいと

言っていたんです。

 

で、その時に、前回単純性股関節炎になったことを覚えていたのか

「前なったやつみたいや…」ってぼそっと本人がいいだして

わたしも、「そうかもなー。一応学校は休もうか?」ってなって

かかりつけの整形外科に連れて行きました。

 

診察結果はやはり単純性股関節炎。

湿布を張ってもらい、経過観察。

 

受診後は、少し違和感はましになってたものの、

学校でひどくなったら、

クラスの子や先生に迷惑になるので

その日はお休みさせました。

 

でも、夜にはすっかり良くなっていて

とくに問題なく過ごせるまでに回復。

 

今回は、痛いのが治ったら

来なくて大丈夫といわれていたので

再受診はなし、翌日通常通り登校させました。

 

我が子の単純性股関節から考えた発症タイミング

 

※これはあくまでも、個人的な考えで

医学的根拠はまったくないです。

 

ただ、1回目がマイコプラズマ発症後だったこと、

2回目がインフル発症直前だったことを考えると

単純性股関節になるタイミングは

体調を崩す前後なのではないか?と思います。

 

まぁまだ2回しかなってないですけど、

あーちゃんの同級生の男の子は

毎回熱出すと、股関節を痛がるといっていたので

あながち間違いでもない気がします。

 

単純性股関節炎ではないときもあるから注意!

 

股関節の痛みや太もも、膝の痛みなど

単純性股関節炎以外にも

子供が股関節や足に痛みや違和感を訴える病気は

他にもあります。

 

なので、

股関節の痛みや足の痛みは、

子供によくあることだから安静にさせとけばいいやーと

間違った判断をしないように注意してください。

 

子供の股関節に関する病気には

・ペルテス病

・化膿性股関節炎

などがあります。

これらの病気と単純性股関節炎とを区別するためにも

自己判断せず、必ず整形外科を受診するようにしましょう。

 

おわりに

 

子供の単純性股関節炎について、少しは分かっていただけましたか?

 

ママとしては、急に子供が「足が痛い」「歩けない」なんて言ってきたら

焦ってしまうこともあるでしょう。

 

でも、単純性股関節炎だったら、ひとまず安心してください。

基本的に後遺症などもなく、安静にしていれば数日でよくなります。

慌てず、整形外科の先生の指示に従って、様子を見ていきましょうね。