bullet☆lady

小学3年生♀と小学1年生♂の子育て中ママライターのブログ。育児や美容など更新中。

北海道の小2山中置き去り事件について思うこと。

 

bulletgirl.hatenablog.com

bulletgirl.hatenablog.com

bulletgirl.hatenablog.com

 

こんにちは。keiko*です。

 

連日報道されている山中に男児を置き去りにした事件。

 

同じ小学2年生の子供の親として、とても心配です。

一刻も早く見つかってほしいと思う。

 

でも、それと同時に

親御さんがどのような気持ちなのかなと。

世間では、置き去りにした行為が「虐待」だと言われている。

 

でも、今回は山の中だったということ、

見知らぬ土地で置き去りにしたことを考えると

正直、ありえないとしか思わない。

 

でも、今回、

子どもが悪いことをしたから叱ったことは間違いではない。

なのに、叱っても子どもがきく耳を持ってくれないと

どうしようもなく、イライラする気持ちもわかる。

 

我が家でも、子どもを叱る時に、

冷静になれないこともある。

徐々にヒートアップして

爆発することもよくある。

 

そういう時は、お互い、一旦離れるようにしている。

 

もちろん、家の中だけだけど。

 

その間に深呼吸をしたり

お茶を飲んだり、トイレに行ったり…

時間にして約5分ほど。

 

そうすると、お互いに冷静になれるし、

言いたいことがまとまるので

落ち着いて叱った理由を説明する。

親が落ち着いていれば、子どももちゃんと話を聞いてくれる。

もし、親の言うことに納得が出来なかったり

疑問があれば、子どもは言い返す。

ケンカではなく、あくまでも「議論」。

お互いの思い違いや

伝わりにくいことも、話し合えば

案外小さな子でもちゃんとわかるものだと思う。

 

いなくなってしまった子のお父さんもお母さんも、

もう少し冷静になれていたら…

置き去りにしなくても、車を止めて、

一旦外の空気でも吸って、

緑を眺めて、心落ち着けることができていたら。

きっと、離れ離れになることなんてなかったのかなと思う。