bullet☆lady

小学3年生♀と小学1年生♂の子育て中ママライターのブログ。育児や美容など更新中。

パナソニックのヘアドライヤーのフィルターを分解して掃除してみた!

こんばんは。keiko*です。

長年愛用しているPanasonicのヘアドライヤー(EH-NA05)。


風が強いので、髪の毛が素早く乾く優れものです。

が、やっぱり長年使っていると風量が落ちてくる…

その理由は、後ろのフィルターの目詰まり!

そこで、思い切って分解して掃除してみましたー♪

そしたら、新品同様の風量を取り戻せたので、その方法についてご紹介します!
(ただし、説明書では一応分解は禁止と記載されているので、分解する場合は自己責任でお願いしますね)

1.フィルターのネジを2か所外す


まず、①のネジを外します。
で、画像ではわかりにくくなってしまったけど、フィルターの下側に、②の小さなネジがあるので外します。

2か所のネジが取れたら、フィルターはすぐに外せます。
が、ちょっとコツが必要。

フィルターと本体の隙間にマイナスドライバーを差し込んで、くいっとフィルターを持ち上げて、さらに対角線上の所にもマイナスドライバーを差し込んでください。

そうすれば外れるはず!ですが、あんまり力を入れてやると、本体が傷つく可能性があるので要注意!無理はしないことが大切です。

2.中のフィルターを掃除する

外側のフィルターをとると、中にもフィルターがあります。

これは簡単にとれます!

風が弱くなってしまう原因はこの中のフィルターなので、古歯ブラシでこすってほこりを取ります。

3.本体内部もほこりをとってきれいにする

2つのフィルターを外すと、羽が見えます。

ここも必要なら汚れをとります。

ただし、本体内部にほこりが入らないように、下向きにして掃除することをおすすめします。

4.もとに戻して終了!

あとは、もう一度内部フィルターをセットし、外側のフィルターをセット。そして、ネジを2か所とめたらおしまい!

最後に、ちゃんと動作するか確認します。

特に問題なければこれだけで風量がアップしているはずです。

うちのドライヤーは、これでかなり風が強くなって快適になりました♪

さいごに・・・

このパナソニックのヘアドライヤー、普段のフィルターのお手入れは、分解なんかしなくてもいいようになっています。

外側のフィルターを、ティッシュでさっと撫でれば、ほこりは簡単にとれるので。

ちなみに説明書によると、掃除の頻度は月1回以上と記載されています。

でも、細かなほこりは、外のフィルターを通り越して、中に入ってしまうようです。

とくに長期間使っていると、それは仕方ないのかもしれません。

けど、ちょっと手入れをすれば、まだまだ長く使えるようになった気がします。

ですが、くれぐれも分解して掃除する場合は自己責任でお願いしますねー。

故障の原因や、火災の原因になることもあるので要注意です!