bullet☆lady

小学5年生♀と小学3年生♂の子育て中!ママライターのブログ。育児や美容など更新中。

美容にもダイエットにも効果的なホワイトチアシードをお試ししたよ♪レシピも紹介します!

こんばんわ。keiko*です。

スーパーフードと呼ばれる『チアシード

ブームになったのは2年以上前ですが、わたしは今でも愛用している食材です。

と言っても、わたしが愛用しているのは普通のチアシード(黒いやつ)なのですが、今回は『チアシード ホワイト 』をモニターさせてもらったので、詳しくレビューしていきたいと思います。

「まだ食べたことがない」とか「食べてみたいけど、迷っている」、そんな悩みを持っている方向けに具体的な食べ方やレシピについても紹介しますね。

今だけ3日間無料体験!【Doctor’s Diet(ドクターズダイエット)】

『チアシードホワイト』を試してみたよ♪


容量 200g
価格 880円(税込)

『チアシードホワイト』は高品質なホワイトチアシード

今回、試したのは楽天で購入できるチアシード ホワイト です。

こちらのチアシードは、何が特別かというと、日本人農家さんが南米の原産地で作っているってこと!

日本人が栽培しているならそれだけで安心感があるのと、過去に問題になったチアシードのカビ毒検査もちゃんとしてくれているので、信頼できるというのも大きなポイント。

そして、チアシードには黒いのが一般的なのですが、こちらは「ホワイトチアシード」。栄養価は黒いのと変わりはないといわれているのですが、やっぱり見た目も大切。

黒のチアシードに比べて、カエルの卵感がない(チアシード食べたことある人ならわかるはず!)し、料理の見栄えを損なわない。

で、何よりもいいのは安い!わたしが普段使っているチアシードは、ロフトとか海外の食品を扱っているスーパーとかで買っているのですが、200gで1200円くらいです。

それが880円はお得ですね♪

そもそもチアシードって何??

アシードは、ごまをひと回り小さくしたような粒で、ミントの一種「サルビア・イスパニカ」という植物のタネです。

一粒一粒は、こんなに小さいのに、「人の生命維持には、チアシードと水があれば足りる」といわれるほど、人間が生きていくのに必要な栄養素がぎっしり詰まっているんです。

これが、チアシードがスーパーフードと呼ばれる所以。

それに、栄養がたっぷり入っているだけでなく、さまざまな健康効果、美容効果についても証明されていて、海外セレブをはじめ、多くの人に注目されています。

アシードの美容効果

アシードには、食物繊維が含まれているので、デトックス効果があることが知られています。

また、チアシードには美容に欠かせないタンパク質も含んでいます。そのほかミネラルなどもバランスよく含まれています。

抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果が期待されている食品です。

アシードの健康効果

アシードに含まれる成分は、健康維持にも役立つものばかり。

栄養がたくさん入っているおかけで、チアシードを食べるだけで、便秘解消、高血圧や糖尿病などの生活習慣病予防、うつ症状の緩和、貧血や骨粗鬆症予防効果があると言われているのです。

実際に『チアシードホワイト』を料理にして食べてみたよ!

ここでは、チアシードの基本の食べ方と、『チアシードホワイト』を実際にわたしが食べたレシピについて紹介しますね。

アシードの基本の食べ方!そのまま!水に浸して!

アシード自体は、小さな粒で、パラパラーっとしているので、そのまま食べてもOK!

アシードの水に浸すと10~12倍に膨らむという性質を活かして、水に浸してドロドロ~っとしたジェル状にして食べても◎

加熱する必要もありませんし、特別な調理をしなくてもいいってのもチアシードのいいところです。

ただ、チアシード自体はほとんど味やにおいがありません…。

なので、そのまま食べてもちょっと味気ないというのが難点といえば難点かな。

まぁ、サプリメントのようにチアシードを取り入れたいのであれば、シンプルにそのまま食べても問題ないですけどね。

料理や飲み物に混ぜて摂取するのがおすすめ!

そのまま食べてもつまらないチアシード。でも、その味とにおいが少ないというのを利用して、わたしは料理や飲み物に混ぜてとるようにしています。

今回だったら、まず料理で。というか、今回に限ってはドレッシングというべきかな?

アシードレシピ

1.チアシード大さじ1杯に水大さじ2杯を混ぜて、しばらく放置。


2.チアシードを浸している間に、きゅうりをスライスして塩でもむ。そして放置。

3.チアシードが膨らんでとろっとしてきたら、ポン酢を小さじ2杯を混ぜる。



4.あとはきゅうりを水で軽く洗って水気を切って、全部をお皿に盛り付けておしまい!食べるときは全部混ぜ混ぜして食べてくださいね。


アシードとポン酢を混ぜることで、チアシードの性質によってポン酢ジュレっぽくなります。

食材も、今回はきゅうりとしらすを使ったけど、なんにでも合うので応用できますよ。

その他チアシードレシピ例

我が家では、チアシードはいろんなところで活躍しています。

アシードは加熱しなくてもいいので、単純にスープや味噌汁、サラダ、和え物に食べる直前にかけたり、混ぜたり…。本当に自由に使えます。

一応、レシピ本も持ってますけど、特別そんなのがなくても、アイディア次第でいつでもどこでも食べられるのがチアシードの良さだと思います。

まとめ

今回はブロネットで、株式会社波里さんの『チアシード ホワイト 』をモニターさせていただきました!

ホワイトチアシードだと、どんな料理にも合わせやすいし、手軽に栄養をプラスできます。

サプリメントと違って食品なので、子供でも食べられますよ。ぜひ試してみてくださいね!



商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

今だけ3日間無料体験!【Doctor’s Diet(ドクターズダイエット)】