bullet☆lady

小学3年生♀と小学1年生♂の子育て中ママライターのブログ。育児や美容など更新中。

上からメイクできるから目立たないアイテープ「 プリュドール ナチュラル」でぱっちり二重!

こんにちは。keiko*です。


今回、「プリュドール ナチュラル 」というアイテープをモニターさせてもらいました!


「プリュドール ナチュラル」は、ドラッグストアやネットで購入できる二重アイテープです。


アイテープって「目立つし不自然になるんじゃ…」、「まぶたが分厚いわたしには向いてないかも?」という不安がありました。


上からメイクできるって言われているアイテープは、他にもたくさん販売されているけど、実際ビミョーなものが多い。


そんななかでちゃんと使いこなせるか不安になりつつ試しました。


はじめはコツがつかめず、うまくいかなかったけど、最終的に分厚いまぶたのわたしでも目立つことなくきれいな二重になりました!


プリュドールナチュラルを買おうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

プリュドール ナチュラ

プリュドール ナチュラル
枚数 30組
価格 600円(税抜)

このパッケージ、いつもドラッグストアで見てたのでなじみ深い。


よく知っているアイテムであっても、自分で購入しなかったのは、「色が肌色で目立ちそう」、「分厚いまぶたはアイテープではどうにもならない」という思い込みがあったから…

でも、実際に使ってみると分かったことは3つ。

  • テープの素材「レーヨン不織布」のおかげでメイクのりがいい=目立たない!
  • 片面接着だから自然な仕上がり
  • 医療衛生用弱粘着テープだからかぶれにくい

さっそく「プリュドール ナチュラル」で二重を作ってみよう!

パッケージを開けると、アイテープのシートが3枚+説明書が入っています。


このアイテープは、左右が決まっているタイプなので、シートにRとLのしるしがついています。

プリュドール ナチュラルの使い方

これをまぶたに貼ります。

そっと目を開けると…

分厚いまぶたのわたしでも、簡単に二重になりました!!

!注意!

ただ、これはどこに貼るかで、全く二重にならないなんてことも。

わたしも自分のベストポジションを見つけるのに、何枚も無駄にしてしまいました…。これは、どのアイテープでも仕方ないのかもしれません。

ちゃんと上からメイクできるのか?目立たないは本当?

さすがにアイメイクなしでは、アイテープは目立ちます。


でもメイクがちゃんとできれば、問題ないはず!さっそく上にメイクをしてみました。


上まぶたにブラウンアイシャドウ、アイライン。まつげはマスカラ&目じりつけまです。


目を閉じても、ちゃんとアイシャドウがテープにのるので、目立ちにくくなりました!

それに、片面接着式なので、まぶたが引きつることもありません。ちゃんと目を閉じることができるので、見た目も自然。そして、なによりもつっぱらないので、目が乾燥しにくい!(アイテープとかで目が乾燥するのはわたしだけ?)

いいことばかりじゃない!残念ながらこんな人には向かないかも…

プリュドール ナチュラルは、簡単に二重になれるし、目立たないからメイクも楽しめる!

わたし的には、良いアイテープだなという印象です。

でも、それが誰にでもあてはまるか?全員におすすめできるか?というと違う。合わないだろうなという人がどんな人か考えてみました。

  1. まぶたがむくんでいる人(むくんでいるとき)
  2. メイクが薄い、ナチュラル系の人


プリュドール ナチュラル 」は、比較的二重になりにくいまぶたの人でも対応していると思います。

ただ、むくんでいると二重のラインがつきにくい。現に、わたしもむくんでるな…という日はどこにどう貼ろうと無理でした…。


まぶたがむくんでいる人は、マッサージしたりしてむくみを解消してから使うべき!


そして、メイクについては、わたしのメイクを見てもらえばわかるけど、結構濃いメイクじゃないと隠れません。


普段、メイクが濃い人はアイテープが目立たないから重宝するけど、反対に普段メイクをあまりしない人は、アイテープが目立ってしまって微妙です。

まとめ


今回はSTYLE+NOBLE 「プリュドール ナチュラル 」 のブログリポーターに参加させてもらいました。

個人的には、ちゃんと二重になったし、かぶれたりというトラブルもなく、快適に使わせてもらいました!上からメイクしたら、本当に目立たないし自然な仕上がりには大満足です。


通販だけじゃなくて、ドラッグストアでも買えること、価格が安いこともポイントが高いと思います。


わたしと同じように、まぶたが厚くて二重になりにくい人にぜひ試してみてほしいアイテープです!


商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!